エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
2014/11/22 10:20 レンジ予想結果ランキング発表。
2014/11/22 10:17 シカゴ筋ポジションのデータを更新しました。
2014/11/22 09:04 チャート/データを更新しました。
2014/11/21 10:28 レンジ予想の投票準備ができました。
27148666
本日:1197 昨日:3026
為替掲示板
チャートの最後は 2014/11/22午前6時台
為替相場情報
市場概況 このページのトップ
2014/11/22(土)
08:40 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は 117円台前半で底固い値動き。118.00直下から始まったドル・円は 118.00を越えることなくじりじりと下値を切り下げた。NY市場でも麻生財務相発言が材料視され円安修正の動きが優勢となった。ドル・円は一時、117.38をつける場面があった。しかし、その後はドルを買い戻す流れが強まりドル・円は 117.95レベルを回復したあと 117.80付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは軟調地合い。ドラギECB総裁が量的金融緩和を拡大する可能性に言及した影響が続いた。ユーロ・ドルは 1.2430/35レベルで頭打ちとなり 1.2375まで下落。反発鈍く 1.2390近辺でNY市場を引けている。

2014/11/21(金)
22:08 JST USD/YEN=117.90 EUR/USD=1.2423 NY金=$1201.13 NY原油先物=$77.59
欧州市場ドル・円は方向感が定まらず。ユーロ・ドルの急落に煽られドル・円でもドル買いが強まる場面があった。ドル・円は 117円台半ばでサポートされて 118.12付近まで上昇したが、戻り売りに押し戻され 117.60レベルへ反落。その後は 118.00を挟んで売り買いが交錯した。ユーロ・ドルは 1.25台半ば付近から 1.2415近辺へ急落。ドラギECB総裁がインフレリスクが顕在化すれば資産購入を増やすと発言。これに反応して市場はユーロ売り圧力を強めた。

16:52 JST USD/YEN=117.63 EUR/USD=1.2543 NY金=$1194.79 NY原油先物=$76.08
東京市場午後のドル・円は 117円台後半を中心にもみ合い。麻生財務相の円安懸念発言が尾を引く中、ドル・円は上値の重い展開だったが、一時は前日比 190円以上下げていた日経平均株価が急速に値を戻し前日比プラス圏で引けるとドル・円も上昇。118.00近辺を回復する場面があった。しかし、その後は売りに押されてじりじりと下値を切り下げ 117.60近辺へ反落した。ユーロ・ドルは 1.2565付近で上げ渋り 1.2535/40レベルへじり安に推移した。

12:56 JST USD/YEN=117.62 EUR/USD=1.2565 NY金=$1193.69 NY原油先物=$76.34
東京市場ドル・円は麻生財務相発言を受けて117円台前半へ下落後、反発。118.25付近で寄りついたドル・円は日経平均株価の下落と同時進行する形で 118.00を割り込んだ。麻生財務相が最近の円安ピッチが速すぎることに言及するとドル売りが加速。ドル・円は 117.36近辺まで下げ幅を拡大した。ただ、ドル売り一巡後は値ごろ感からのドル買いが優勢となりドル・円は 117.87付近まで回復する場面があった。ユーロ・ドルは 1.2545近辺でサポートされて 1.2565/70レベルへ上昇した。ドル・円でのドル軟調地合いがユーロ・ドルに影響を与えた。

08:57 JST USD/YEN=118.27 EUR/USD=1.2543 NY金=$1193.27 NY原油先物=$76.61
NY市場ドル・円は 117円台後半で底固い値動き。NY市場オープン後、10月米CPIコア指数が前月比 0.2%、前年比 1.8%の上昇となったことを受けてドル買いが先行したが、ドル・円は 118.40/45レベルで上げ渋った。日経平均先物が下落するとドル・円も連動して 117.74まで売り込まれる場面があった。このあとドル・円は 118.00を挟んで売り買いが交錯。118.20近辺でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは米CPI発表後に売り圧力を受ける場面があったが、1.2509をつけて 1.2570へ反発。このあと 1.2520レベルへ反落したものの、下値は固かった。引けにかけて小反発したユーロ・ドルは 1.2540付近でNY市場をクローズ。

2014/11/20(木)
21:05 JST USD/YEN=118.24 EUR/USD=1.2536 NY金=$1193.64 NY原油先物=$74.86
欧州市場ドル・円は反落。119.00寸前で上げ止まったドル・円は急速な円安に対する利食いやポジション調整の動きに 118.30付近へ下落。同水準で下げ渋って反発に転じたが、118.70レベルが重かった。日経平均先物の下落と米長期金利低下がドル売り圧力を一段と強めた結果、ドル・円は一時、117.97付近まで下げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは 1.2520/25レベルで下値を固めて 1.2575付近へ上昇したが、11月独PMIが市場予想を下回ったことをきっかけに 1.2505付近へ下落。ただ、売りの流れは短命に終わりユーロ・ドルは 1.2535/40レベルを回復。

16:30 JST USD/YEN=118.83 EUR/USD=1.2532 NY金=$1184.06 NY原油先物=$74.56
ドルの上昇に歯止めが掛からずドル・円は 119.00に接近。根強い円の先安観が色あせることのない市場ムードを反映してドル・円は 118円台前半から断続的なドル買いに支えられて一時、118.97付近まで上昇したもよう。ユーロ・ドルは1.25台半ばで上げ渋ったあとドル・円の上昇に煽られ 1.2525付近へ下落した。

12:49 JST USD/YEN=118.32 EUR/USD=1.2542 NY金=$1180.20 NY原油先物=$74.58
東京市場ドル・円は 118円台前半で堅調地合い。朝方に 118.27付近へ上昇したドル・円は寄り付き後、118.00付近へ下落したが、押し目買いにサポートされて再び上値を目指す流れとなった。高く寄った日経平均株価が下落したにもかかわらず市場の円売りムードは根強くドル・円は 118.30レベルへ上げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは小幅もみ合い。大方の取引きが 1.2530/50レンジに集中した。

08:48 JST USD/YEN=118.23 EUR/USD=1.2542 NY金=$1181.87 NY原油先物=$74.26
NY市場ドル・円は 118円水準へ。一時、118.09をつけたあと 117.95/118.00レベルでNY市場の取引きを終えた。NY市場オープン後、ドル・円は 117円台半ばでサポートされて根強い円の先安観を背景に 117.80レベルへ上昇。FOMC議事要旨公表後に 117.40近辺へ売られる場面があったが、ドルの押し目は絶好の買いチャンスとなる市場センチメントが継続。引けにかけて再びドル買い圧力が高まった。ユーロ・ドルは 1.25台で売り買いが交錯。NY市場オープン後に 1.2570レベルへ上昇したユーロ・ドルは 1.2525付近へ反落したが、FOMC議事要旨公表後にこの日の高値 1.2602をつけた。しかし、直後に売り叩かれて 1.2525付近へ急落するなど荒っぽい値動きとなった。NY市場引けは 1.2550/55レベル。

・米FOMC、長期目標の文言・対話方法の修正を議論=議事要旨(ロイター)




■シカゴ筋
■東京金取
■為替統計データ
■エリオット波動
■日銀介入実績
■通貨コンバータ
■ギャン
■業界用語
■リンク
経済指標 このページのトップ
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

トップ | 最新記事 | チャート/データ | リアルタイム・レート | 外貨預金 | レンジ予想 | チャート・パターン | サイトマップ
copyright(c) KOIKE, Shin_ichi E-mail