エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
27656516
本日:2094 昨日:2635
市場概況

2015/07/02(木)
20:59 JST USD/YEN=123.53 EUR/USD=1.1074 NY金=$1160.74 NY原油先物=$57.04
欧州市場ドル・円は123円台半ば付近での取引き。東京市場午後の流れを引き継ぎドル・円は123.59付近へ上昇。同水準で上げ渋って123.42近辺へ反落したが、下値しっかりの展開。米長期金利の上昇がドル・円をサポートしている。ユーロ・ドルは1.10台半ばで下値を固めたあとじり高推移。ただ、1.1080/85レベルにはまとまった売りオーダーが並んでいるもようでユーロ・ドルは上げ渋っている。

16:31 JST USD/YEN=123.47 EUR/USD=1.1055 NY金=$1163.99 NY原油先物=$57.13
東京市場午後のドル・円は落ち着いた値動きながらじりじりと上値を窺う展開。ADP雇用リポートを受けて本日発表される米雇用統計の改善期待を背景にドル・円は123.30付近でサポートされたあと123.50レベルを試す流れとなっている。ユーロ・ドルは小幅もみ合い。1.1055/85ゾーンを中心に小刻みな売り買いが交錯している。

12:46 JST USD/YEN=123.37 EUR/USD=1.1068 NY金=$1167.54 NY原油先物=$56.96
東京市場ドル・円は123円台前半で小じっかり。昨日発表されたADP雇用リポートが市場予想を上回ったことからドル強調地合いで始まった。ドル・円は123.30付近でサポートされて123.47まで上昇した。ただ、米雇用統計を控えていることから上値を積極的に追う流れにはならなかった。ユーロ・ドルは売りの流れが一服。1.1035付近で下値を固めたあと1.1077近辺へ反発する場面があった。

08:54 JST USD/YEN=123.31 EUR/USD=1.1036 NY金=$1168.37 NY原油先物=$56.91
NY市場ドル・円は123円台前半へ上昇。NY市場オープン後に発表されたADP雇用リポートで非農業部門雇用者数が市場予想を上回った。これを受けて米長期金利が上昇。ドル買いが優勢となった。ドル・円は一時、123.24をつけた。123円台前半では値ごろ感からのドル売りが持ち込まれドル・円が反落する場面があったものの、122.90付近で底固く推移。引けにかけて再びドル買いが強まりドル・円は123.15/20レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは上値が重い。米長期金利の上昇に加えて、チプラス・ギリシャ首相がテレビ演説で5日に行なわれる国民投票で改革案に反対するよう呼びかけたことが悪材料となった。ユーロ・ドルは一時、1.1043まで売り込まれた。NY市場引けは1.10台半ば付近。

2015/07/01(水)
20:29 JST USD/YEN=122.93 EUR/USD=1.1104 NY金=$1172.14 NY原油先物=$58.55
東京市場午後から欧州市場にかけてドル・円は堅調地合い。ドル・円は122円台半ば付近でもみ合ったあとじりじりと上値を目指す流れ。FT紙がギリシャが改革案を受け入れるとの報道を材料にドル・円は123.02まで上昇した。しかし、123.00近辺ではドルの戻りを狙った売りオーダーが並んでいるもようでドル・円は上げ渋っている。ユーロ・ドルはFT紙の報道を受けて1.1100近辺から1.1170/75レベルへ急騰したものの、戻り売りを食らって再び1.1100付近へ反落した。

・短観(要旨)(2015年6月)(日本銀行)

12:25 JST USD/YEN=122.47 EUR/USD=1.1136 NY金=$1174.34 NY原油先物=$58.71
東京市場ドル・円は模様眺めムード。大方の取引きが122.40/60ゾーンに集中、方向感のない値動きとなっている。ギリシャは6月30日期限のIMF融資返済ができず期限延長を要請。IMF理事会で検討する運びとなった。ギリシャの国民投票や明日の米雇用統計を控えて市場は商いを手控えている。ユーロ・ドルも落ち着いた値動き。概ね1.1130/40レンジを中心として小刻みなもみ合いに終始。

08:58 JST USD/YEN=122.38 EUR/USD=1.1134 NY金=$1172.34 NY原油先物=$59.06
NY市場ドル・円は122.00近辺で底固い値動き。ギリシャがIMFからの6月30日期限の融資返済ができないとの懸念が広がる中、リスク回避の円買いが先行した。ドル・円は122円台半ば付近で伸び悩み一時、121.98まで下落する場面があった。しかし、市場の押し目買いにサポートされてドル・円は下げ渋る展開。ギリシャの国民投票を見極めたいとのムードもあって徐々にドル買いが強まりドル・円は122円台半ば付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは上値が重い。ユーロ買いが先行してユーロ・ドルは1.1245へ上昇する場面があったが、戻り売りを食らって1.1110レベルへ急落。反発鈍く1.1145付近でNY市場をクローズ。

・ギリシャ支援が失効、IMFは返済期限延長を検討へ(ロイター)

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]