エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
29089212
本日:1455 昨日:2762
市場概況

2017/05/23(火)
12:38 JST USD/YEN=111.17 EUR/USD=1.1248 NY金=$1262.16 NY原油先物=$50.93
東京市場ドル・円は上値の重い展開。早朝にドル・円はワシントンポストの報道をきっかけに111.30付近から売りを浴び111.00を割り込んだ。トランプ大統領が米情報当局首脳に圧力をかけトランプ陣営がロシアと共謀したとの証拠を公に否定するよう要請したとの記事が材料視された。ドル・円は一時、110.87付近まで売り込まれたが、寄り付き後はドルを買い戻す動きが優勢。ドル・円は111.20レベルを回復する場面があった。ユーロ・ドルは1.12台半ば付近で動意薄。概ね1.1237/54レンジでの値動き。

08:47 JST USD/YEN=110.96 EUR/USD=1.1237 NY金=$1262.70 NY原油先物=$51.08
NY市場ドル・円は下値しっかりの展開。NY市場オープン後、ドル・円は111.40付近で伸び悩んだ。上値の重さが嫌われるとドル売りが優勢となりドル・円は110.93へ下落した。同水準では値ごろと見たドル買いが持ち込まれドル・円は下げ渋った。NYダウが前日比プラス圏で終日、安定した動きを見せたことが支援材料となってその後、ドル・円は堅調に推移。111.25/30レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.12台半ば付近で小動き。ECBの金融緩和に対する姿勢が緩むとの観測を背景にユーロ・ドルは1.1264まで上昇したあと1.1230付近へ反落。その後は1.12台前半で小刻みな売り買いが交錯した。NY市場引けは1.1235/40レベル。

2017/05/22(月)
20:57 JST USD/YEN=111.39 EUR/USD=1.1237 NY金=$1256.86 NY原油先物=$51.12
欧州市場ドル・円は手がかり材料難から膠着状態。一時、111.15付近へ下落する場面があったが、すぐさま買い戻された。ただ、111.50レベルが重くドル・円は上げ渋ったあと狭いレンジで小刻みな売り買いが交錯。手詰まり感が強い。ユーロ・ドルは下値しっかり。小緩む場面があったが、ユーロ・ドルは1.1160/65レベルでサポートされて反発。1.12台半ばを試す流れとなっている。

17:30 JST USD/YEN=111.40 EUR/USD=1.1169 NY金=$1254.59 NY原油先物=$51.19
東京市場午後のドル・円は上値の重い展開。111.55近辺で頭打ちとなり上値の重さが嫌われるとじりじりと下値を切り下げた。特に新たな材料が出たわけではないが、欧州勢が市場に参入するとドル・円は111.15レベルに接近した。ユーロ・ドルは1.12台に乗せられず。1.1200近辺の売りオーダーに阻まれユーロ・ドルは1.1165付近へ反落した。

12:33 JST USD/YEN=111.47 EUR/USD=1.1193 NY金=$1253.05 NY原油先物=$51.16
東京市場ドル・円は111円台半ば付近で小動き。薄商いの早朝にドル・円は111円水準を瞬間的に下回る場面があったが、押し目買いにサポートされて反発。111.25付近で寄り付いたあとも輸入筋を中心としたドル買いが優勢となった。ドル・円は一時、111.61まで買い進まれた。ただ、トランプ米大統領を巡る米国の政治リスクは依然としてくすぶっており上値を積極的に追う流れにはならなかった。ユーロ・ドルは1.12台から滑り落ち1.1183付近へじり安に推移したが、市場の活気はなくユーロ売りの流れは長続きしなかった。

2017/05/20(土)
08:44 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は111円台でもみ合い。NY市場オープン後、ドル売りが先行したものの、ドル・円は111.04をつけて下げ止まった。このあとNYダウの上昇に連動する形でドル・円は連れ高。111.67まで買い進まれた。しかし、その後は売りに押される展開。トランプ米大統領がFBIコミー長官を解任した理由をロシア政府高官に漏らしたとの報道が材料視された。ドル・円は111.10付近へ反落したあと111.25/30レベルでNY市場の取引きを終了。ユーロ・ドルは1.12台を回復。フランス大統領選後から変化しつつある市場ムードを引き継ぎユーロ・ドルは一段高。一時、1.1212をつけたあと1.1205/10レベルでNY市場の取引きを終えている。

2017/05/19(金)
20:38 JST USD/YEN=111.32 EUR/USD=1.1172 NY金=$1250.85 NY原油先物=$49.94
欧州市場ドル・円は111円台半ば近辺での値動き。一時、ドル買いが強まる場面があったが、ドル・円は111.70付近で伸び悩んで111.35レベルへ反落した。ユーロ・ドルは堅調地合い。東京市場夕刻の流れを引き継ぎ上げ幅を拡大。1.1175レベルに接近した。

16:31 JST USD/YEN=111.45 EUR/USD=1.1136 NY金=$1250.44 NY原油先物=$49.72
東京市場午後のドル・円は111円台前半で方向感が定まらず。トランプ・リスクに対する過剰な反応は徐々に弱まりつつあるものの、突発的なニュースでドル売りを食らう恐れがあるため、東京市場では上値を積極的に追うことができず。ドル・円は111.15付近でサポートされる一方で111.50レベルに届かなかった。ユーロ・ドルは小じっかり。1.1105/10レベルで下値を固めたあと1.1140近辺へ上昇した。

12:47 JST USD/YEN=111.22 EUR/USD=1.1109 NY金=$1249.78 NY原油先物=$49.74
東京市場ドル・円は落ち着いた値動きながら上値がやや重い。NY市場引けからじりじりと下値を切り下げていたドル・円は寄り付き後、111.45付近で頭打ちとなり111.12付近まで下落した。同水準では値ごろと見たドル買いが優勢でドル・円は下げ渋る展開。昨日の市場リアクションがやや過剰だったという見方もあってポジション調整も入ってドル・円は下値しっかりとなった。ユーロ・ドルは1.1100付近で動意薄。特に目立った動きもなく大方の取引きが1.1100/10ゾーンに集中した。

08:55 JST USD/YEN=111.36 EUR/USD=1.1111 NY金=$1248.95 NY原油先物=$49.33
NY市場ドル・円は反発。一時、111.74まで上昇する場面があった。NY市場オープン後に発表された米新規失業保険申請件数が予想を下回りフィラデルフィア連銀景況指数が予想以上に上昇した。これを受けてドル買いが優勢となるとドル・円は110円台半ば付近から111.33付近へ上昇した。同水準で上げ一服となりドル・円は110.70レベルへ反落したものの、引けにかけて再びドル買いが優勢となった。NYダウが反発、米長期金利が上昇するなど前日の流れを修正する動きが強まるとドル・円は111.74をつけた。NY市場引けは111.45/50レベル。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.11台前半で落ち着いた値動きが続いたが、1.1135付近の売りオーダーに阻まれ上値の重い展開。NY市場の午後になってユーロ売りが徐々に強まるとユーロ・ドルは1.1075まで下落。引けにかけて買い戻され1.1100近辺でNY市場の取引きを終えている。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]