エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
27573717
本日:1508 昨日:2838
市場概況

2015/05/27(水)
12:57 JST USD/YEN=123.07 EUR/USD=1.0880 NY金=$1188.34 NY原油先物=$58.39
東京市場ドル・円は123円台前半を中心にもみ合い。ドル・円は寄り付き後、一時的に123.00を割り込む場面があったが、押し目でのドル買い意欲は強く下げ渋る展開。米利上げを睨んでドルの先高観が広がる中、ドル・円は123.31まで上昇した。ただ、同水準では値ごろと見たドル売りに阻まれドル・円は反落したものの、123.00/05レベルで底固く推移している。ユーロ・ドルは目立った動きもなく概ね1.0865/90ゾーンでもみ合いが続いている。

08:51 JST USD/YEN=123.01 EUR/USD=1.0885 NY金=$1187.74 NY原油先物=$58.31
NY市場ドル・円は123円台前半へ上昇。NY市場オープン後に発表された4月の米コア耐久財受注が市場予想を上回ったことをきっかけにドル買いが強まった。東京市場で今年の高値を更新してドルの先高観が一段と強まる中、ドル・円は一時123.33まで上昇した。その後は急ピッチのドル上昇に対する修正が入ってドル・円は伸び悩んだものの、押し目は浅く122.85付近でサポートされて堅調地合いを維持。123.10/15レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはNY市場オープン時につけた1.0935/40レベルで頭打ちとなりズルズルと下値を切り下げる展開となった。ギリシャの債務不安が依然として悪材料になっておりユーロ・ドルは1.0864まで下落した。NY市場引けは1.0875/80レベル。

2015/05/26(火)
20:48 JST USD/YEN=122.57 EUR/USD=122.58 NY金=$1194.70 NY原油先物=$59.39
欧州市場ドル・円は上昇の流れが一服。東京市場午後の流れを引き継ぎドルの強調地合いが継続してドル・円は122.90レベルに接近する場面があった。ただ、急ピッチのドル上昇に対するスピード調整が入ってドル・円は122.50近辺へ反落した。ユーロ・ドルは1.0885/90レベルでサポートされて1.0925/30レベルへ反発した。

16:53 JST USD/YEN=122.46 EUR/USD=1.0905 NY金=$1197.48 NY原油先物=$59.64
東京市場午後のドル・円は一時、122円台後半へ急伸。121円台後半をじり高に推移していたドル・円は122.00レベルを上抜くとストップロスを巻き込んで上昇を加速させた。前日比小幅高で東京株式市場が引けたあと、日経平均先物が20,500台へ上昇する中、ドル・円は122.75近辺へ上げ幅を拡大する場面があった。ユーロ・ドルは続落。ユーロの軟調地合いが続く流れでドル・円の急上昇にも刺激を受けてユーロ・ドルは1.0885/90レベルへ下落した。

12:53 JST USD/YEN=121.76 EUR/USD=1.0940 NY金=$1205.20 NY原油先物=$59.74
東京市場ドル・円は121円台後半の狭いレンジで堅調地合い。米利上げ観測の高まりを背景にドル・円は寄り付き後、昨日の高値121.78を試す流れとなった。値ごろ感からのドル売りに阻まれ上げ渋る展開となったが、押し目でのドル買いがコンスタントに持ち込まれドル・円は121.80レベルへ上昇する場面があった。ユーロ・ドルは軟調地合い。朝方からユーロ売りが先行、ユーロ・ドルは寄り付き後に1.0930/35レベルへ下落した。米利上げ観測とギリシャの債務不安が引き続き相場の材料となっている。

2015/05/25(月)
16:48 JST USD/YEN=121.63 EUR/USD=1.0981 NY金=$1203.97 NY原油先物=$59.73
東京市場午後のドル・円は完全に模様眺め。121.70付近の重さが嫌われてドル売りが持ち込まれる場面があったが、押し目は限定的で121.50に届かず。その後は市場参加者が細る中、121.60付近で小幅もみ合いが続いている。ユーロ・ドルは1.0975/80レベルで下げ渋って反発に転じたものの、1.1005/10レベルで伸び悩み再び1.09台後半へ下落した。

13:04 JST USD/YEN=121.64 EUR/USD=1.0988 NY金=$1204.47 NY原油先物=$59.80
東京市場ドル・円は121円台後半で小じっかり。寄り付き後、ドル・円は前日の高値を上抜くと上げ幅を拡大して121.78近辺へ上昇した。米消費者物価指数の上昇を受けて米利上げが市場の焦点となった先週末の地合いを引き継いだ。ただ、本日は欧米主要国が休日の為、市場参加者が細っていることからドル買いの流れは長続きしなかった。ユーロ・ドルは1.09台後半で小動き。寄り付き後、1.10レベルを割り込んだユーロ・ドルは1.0972付近へ下落。同水準で下げ渋ったものの、反発が鈍いまま1.10レベルに届かなかった。

2015/05/23(土)
09:02 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は121円台半ばへ上昇。NY市場オープン後に発表された4月の米CPIコア指数が市場予想(+0.2%)を上回った(+0.3%)ことに市場は敏感に反応した。FRBによる利上げ時期がやや早まるとの見方が強まったことから、ドル買いが活発化。ドル・円は120.90付近から121.50レベルへ急騰した。値ごろ感からのドル売りに上値が重くなったものの、コンスタントなドル買いに支えられドル・円はこの日の高値121.57をつけたあと高値圏でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.10台前半へ。米CPI発表後に1.11台後半から1.10台前半へ一気に売り込まれた。イエレンFRB議長が講演で、景気が改善すれば年内に利上げするのが適切と述べたこともユーロの重石となり、ユーロ・ドルは引けにかけて反発の鈍いまま1.10台前半での取引きが続いた。安値は1.1003。引けは1.1010近辺。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]