エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
2015/01/28 10:27 テクニカル分析最新記事を更新しました。
2015/01/28 09:32 チャート/データを更新しました。
2015/01/27 11:12 東京金取(クリック365)建て玉のデータを更新しました。
2015/01/27 10:31 テクニカル分析最新記事を更新しました。
27323258
本日:1398 昨日:2892
為替掲示板
チャートの最後は 2015/01/28午後0時台
為替相場情報
市場概況 このページのトップ
2015/01/28(水)
12:54 JST USD/YEN=118.14 EUR/USD=1.1342 NY金=$1289.28 NY原油先物=$45.46
東京市場ドル・円は 118円台を回復。寄り付き後、ドル買いが先行してドル・円は 118円台に乗せる場面があったが、戻り売りを食らって 117.75付近へ反落。しかし、大幅安で寄りついた日経平均株価が下げ幅を急速に縮小するとドル・円は 118.28へ反発。その後は 118円台前半で小動きとなった。ユーロ・ドルは上値がやや重い。前日からのユーロ買い戻しが一巡。ユーロ・ドルは 1.1365/70レベルで上げ渋ったあと 1.1330近辺へ反落した。

09:12 JST USD/YEN=118.03 EUR/USD=1.1352 NY金=$1292.11 NY原油先物=$45.46
NY市場ドル・円は 117円台前半で下げ渋り。NY市場オープン後に発表された米耐久財受注が市場予想を大幅に下回ったことを受けてドル売りが強まった。NYダウの大幅下落にも刺激されてドル・円は 118.00付近から一時、117.34まで下落した。しかし、米米消費者信頼感指数と米新築住宅販売件数が市場予想を上回るとドルを買い戻す流れとなりドル・円は 118.00近辺へ反発。その後は 117円台後半で小幅もみ合いが続いた。NY市場引けは 117.85レベル。ユーロ・ドルはポジション調整によるショートカバーが優勢。スイス中銀によるユーロ買い・スイスフラン売り介入が入ったとの観測がNY市場でも材料視された。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、早々に 1.13台を回復。その後もユーロ買いが優勢となる中、この日の高値 1.1423をつけた。ユーロ買い一巡後、ユーロ・ドルは 1.1330/35レベルへ反落。引けにかけて買い戻され 1.1380近辺でNY市場の取引きを終えている。

2015/01/27(火)
21:18 JST USD/YEN=117.96 EUR/USD=1.1285 NY金=$1281.16 NY原油先物=$45.08
欧州市場ドル・円は 118.00を挟んでもみ合い。日経平均先物が軟調に推移していることからドル・円の上値がやや重い流れとなっている。ドル・円は 118.20/25レベルで伸び悩んだあと 117.90近辺へ下落する場面があった。ユーロ・ドルは 1.12台半ば付近から 1.1345近辺へ急騰する場面があった。スイス中銀によるユーロ買い、スイスフラン売り介入の噂が市場に広まった。しかし、ユーロ買いが一巡するとユーロ・ドルは 1.12台後半へ反落した。

16:46 JST USD/YEN=118.02 EUR/USD=1.1251 NY金=$1280.87 NY原油先物=$45.04
東京市場午後のドル・円は一時、117円台後半へ下落。ドル・円は 118.35付近で頭打ちとなったあとじりじりと下値を切り下げる展開。午前の安値水準を下抜けるとストップロスを巻き込んで 117.86付近へ下落した。東京株式市場終了後に日経平均先物が反落。米長期金利が小緩んだことも材料となりドル売り圧力が高まった。ただ、ドル売りの流れは長続きせずドル・円は 118円台を回復した。ユーロ・ドルは上値の重さが嫌われて 1.1220/25レベルへ下落したあと反発に転じて 1.12台半ば付近での取引きとなっている。

13:03 JST USD/YEN=118.21 EUR/USD=1.1239 NY金=$1277.72 NY原油先物=$45.24
東京市場ドル・円は上値の重い展開。NY市場引けから小高く始まったドル・円は 118.50/65レンジを中心にもみ合っていたが、上値が伸びきらない流れが嫌気されてドル売りが徐々に優勢となった。ドル・円は 118.14まで下落する場面があったが、同水準で下げ渋ったあと小戻して 118.20近辺での取引きとなっている。ユーロ・ドルは小動き。大方の取引きが 1.1230/55レンジに集中した。

09:03 JST USD/YEN=118.50 EUR/USD=1.1247 NY金=$1280.03 NY原油先物=$45.15
NY市場ドル・円は 118円台前半を中心に堅調地合い。NY市場オープン後、ドル・円は 118.15近辺で下値を固めたあとじりじりと上昇した。米長期金利の上昇がドル・円をサポート。下落していたNYダウが下げ幅を縮小したことに加えて日経平均先物の上昇でドル買いが優勢となる中、ドル・円は 118.50をつけたあと 118.40/45レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは反発したものの、1.12台後半で伸び悩んだ。NY市場オープン後、売られすぎたユーロを買い戻す動きが優勢となりユーロ・ドルは 1.1235付近でサポートされて 1.1295まで上昇する場面があった。ただ、同水準では値ごろ感からのユーロ売り意欲が強くユーロ・ドルは引けにかけて反落。1.1235/40レベルでNY市場をクローズ。




■シカゴ筋
■東京金取
■為替統計データ
■エリオット波動
■日銀介入実績
■通貨コンバータ
■ギャン
■業界用語
■リンク
経済指標 このページのトップ
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

トップ | 最新記事 | チャート/データ | リアルタイム・レート | 外貨預金 | レンジ予想 | チャート・パターン | サイトマップ
copyright(c) KOIKE, Shin_ichi E-mail