エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28263940
本日:335 昨日:1464
市場概況

2016/04/30(土)
08:46 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場でドル・円は106円台前半へ続落。NY市場オープン後、ポジション調整や利食いのドル買いで107.10付近から始まったドル・円は107.44まで上昇した。ただ、4月シカゴ購買部協会指数が市場予想を下回ったことや個人消費支出における物価デフレータの伸びが鈍ったことなどを材料に米利上げ時期が遠のくとの観測が徐々に市場に広がるとドル売り圧力が強まった。ドル・円は106.65付近へ下落したあと107.00レベルへ反発したものの、同水準を越えられずに再び下落。この日の安値106.28をつけたあと安値圏でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは米利上げ観測の後退を背景に堅調地合い。1.1400付近でサポートされて1.1460まで上昇。NY市場引けは1.1450付近。

2016/04/29(金)
20:49 JST USD/YEN=107.20 EUR/USD=1.1383 NY金=$1275.24 NY原油先物=$46.33
欧州市場ドル・円は下落の流れに一服感。106.90付近へ下落したあとドル・円は107.19近辺へ反発。その後、107.00を瞬間的に割り込む場面があったが、下値を積極的に追う動きは見られなかった。大方の取引きが107.00/15ゾーンに集中。模様眺めムードとなっている。ユーロ・ドルは1.14台を維持できず。1.13台後半で小動き。

16:33 JST USD/YEN=106.96 EUR/USD=1.1396 NY金=$1276.45 NY原油先物=$46.22
アジア市場のドル・円は下落に歯止めが掛からず。108円台前半で上値の重い流れとなったドル・円は昨日からのドル売りムードが市場に蔓延する中、107.10近辺へ下落した。東京勢が不在の為、参加者が細った市場で値が飛んだ。同水準で下げ止まって反発に転じる場面があったが、ドル・円は107.40付近で頭打ち。午後になって欧州勢が市場に参入し始めると再びドル売りが強まった結果、ドル・円は106.90近辺へ下げ幅を拡大した。ユーロ・ドルはドル・円の下落に刺激を受ける形でドル売り・ユーロ買いが優勢。1.13台半ば付近で下値を固めたあと1.1415付近へ上昇した。

09:00 JST USD/YEN=108.09 EUR/USD=1.1356 NY金=$1265.61 NY原油先物=$45.80
NY市場でもドル・円は一時、107円台後半へ下落。NY市場オープン後に発表された米第1四半期GDP速報値が市場予想を下回ったものの、ドル・円は108.10/15レベルでサポートされて108.73へ反発した。しかし、NYダウが大幅に下落すると日経平均先物も連動して16,100レベルに迫る流れでドル・円は107.87をつけた。このあと引けにかけてドル買いが優勢となったが、上値は重くドル・円は108.20レベルに届かなかった。NY市場引けは108.05/10レベル。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.13台半ば付近から1.1310まで下落したが、ドル・円の下落に煽られ1.1362まで反発。1.1345/50レベルでNY市場の取引きを終えている。

2016/04/28(木)
20:47 JST USD/YEN=108.14 EUR/USD=1.1347 NY金=$1255.43 NY原油先物=$45.18
欧州市場でドル・円は一時、107円台。日銀ショックの余波は欧州市場にも及びドル売りが優勢となる中、ドル・円は107.92付近まで下げ幅を拡大した。東京市場の高値水準から4円近くも急落したことからさすがにドル売り一服となったが、ドル・円の反発鈍く108円台半ばに届かず下値を探る動きが継続している。ユーロ・ドルは1.13台半ば付近でもみ合い。大方の取引きが1.1340/65ゾーンに集中した。

16:24 JST USD/YEN=108.28 EUR/USD=1.1351 NY金=$1254.83 NY原油先物=$45.10
東京市場午後のドル・円は日銀ショックが尾を引いて108円台前半へ続落。ドル・円は急落後に反発に転じたものの、109.45近辺で上げ渋った。再びドル売りが強まると急落後の安値を下抜いて一段と下げ幅を拡大。一時、108.05レベルに迫る場面があった。市場が期待していた日銀追加緩和がなかったことから失望のドル売りムードが依然としてくすぶっている。ユーロ・ドルはドル・円の一段安による影響で1.1368付近まで上げ幅を拡大した。

・当面の金融政策運営について(日本銀行)

12:40 JST USD/YEN=109.17 EUR/USD=1.1334 NY金=$1247.26 NY原油先物=$45.10
東京市場ドル・円は一時、108円台後半へ急落。日銀金融政策の発表を待ってドル・円は111円台半ばから後半で推移していたが、正午ごろに日銀が金融政策の現状維持を決定すると大幅下落。一時、108.75近辺まで売られたもよう。追加緩和観測が強まっていただけにその反動が一気に噴き出す格好となった。ユーロ・ドルは1.13台前半で軟調に推移していたが、1.1300付近でサポートされたあとドル・円の急落に煽られドル売り・ユーロ買いが強まった結果、1.1340/45レベルへ上昇した。

08:55 JST USD/YEN=111.54 EUR/USD=1.1327 NY金=$1245.556 NY原油先物=$45.24
NY市場ドル・円は米FOMCを受けて売り買い交錯後、111円台半ば付近で引け。FOMCを控えて111円台前半でじりじりと下値を切り上げたドル・円はFOMC声明発表直後に111.76をつけた。声明でFRBは前回FOMCで指摘した世界経済の及ぼすリスクについて言及しなかったことに市場は反応した。しかし、米長期金利が低下したことからドル売りが入ってドル・円は111.09へ反落。このあとドル買いが再び強まるとドル・円は111円台半ば付近でもみ合う展開となった。日銀金融政策の結果を見守りたいとのムードを背景に値動きが一方的に偏ることはなかった。NY市場引けは111.45付近。ユーロ・ドルはFOMC声明発表直後に1.1270/1.1363ゾーンで乱高下したが、市場が落ち着きを取り戻すと1.13台前半での取引きとなり1.1315付近でNY市場をクローズ。

・米FOMC声明全文(ロイター)

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]