エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
29361841
本日:376 昨日:1433
FXブロードネット
市場概況

2017/09/23(土)
08:41 JST USD/YEN=--- EUR/USD=--- NY金=$--- NY原油先物=$---
NY市場ドル・円は112.00近辺で小幅な値動き。北朝鮮リスクの高まりを警戒して週末のポジション調整によるドル売りが持ち込まれドル・円の上値は重かった。一方、押し目では日米金融政策の方向性の違いを背景としたドル買いが入りドル・円は下値しっかりの展開。売り買いがほぼ均衡する中、ドル・円のレンジは111.86/112.18に限定されNY市場を111.95/112.00レベルで引けている。ユーロ・ドルは上値の重い展開。高値1.1983、安値は1.1937。欧州市場で1.20台に一時、乗せたものの短命に終わったことから上値の重さが嫌われユーロ売りがやや優勢だった。NY市場引けは1.1945/50レベル。

2017/09/22(金)
20:58 JST USD/YEN=112.01 EUR/USD=1.1965 NY金=$1295.53 NY原油先物=$50.41
欧州市場ドル・円は112.00を挟んでもみ合い。新規材料を欠いて方向感が定まらず、上値は112.10に届かず、下値は111.90近辺が固かった。ユーロ・ドルは一時、1.20台。欧州主要国のPMIが好調だったことを受けてユーロ・ドルは1.2004付近まで上昇。ただ、1.20台は短命で1.1960付近へ反落する場面があった。

16:25 JST USD/YEN=111.92 EUR/USD=1.1975 NY金=$1297.65 NY原油先物=$50.70
東京市場午後のドル・円は一時、112円台を回復。北朝鮮に絡んだリスク回避の動きは一巡してドル・円は111.70近辺で底固く推移。徐々にドル買いが優勢となるとドル・円は112.08付近を回復したものの、戻り売りに阻まれ上値を伸ばしきれなかった。ユーロ・ドルは1.19台後半をじり高。1.19台半ば付近で下値を固めたあと1.1977付近へじりじりと上昇した。

12:34 JST USD/YEN=111.75 EUR/USD=1.1954 NY金=$1297.15 NY原油先物=$50.57
東京市場ドル・円は急ピッチの円安に対する修正の動きが優勢。ドル・円は寄り付き後、112.55付近で伸び悩んだところへ北朝鮮がらみのニュースがきっかけでドル売りに拍車が掛かった。韓国メディアが北朝鮮の外相が太平洋上で水爆実験を行なう可能性を示唆したと伝えた。これまでの円安進行で目先筋のドル・ロングポジションが積み上がっていたこともあってポジション調整の動きが活発化。ドル・円は111.65付近まで下落した。ユーロ・ドルは1.19台半ば付近で小じっかり。大方の取引きが1.1940/60ゾーンに集中した。

・北外相、対抗措置は「水爆実験を太平洋上で」(読売新聞)

08:48 JST USD/YEN=112.47 EUR/USD=1.1945 NY金=$1292.32 NY原油先物=$50.71
NY市場ドル・円は下値しっかりの展開。NY市場オープン後、112円台半ば付近で上げ渋って112.14へ下落した。急ピッチの円安に対する利食いの動きがドル・円の上値を重くした。しかし、日米金融政策の方向性の違いを背景に押し目でのドル買い意欲は強くドル・円は112.59へ反発、112.45/50レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはじり高。1.1900近辺で下値を固めて1.1954まで上昇。押し目の浅いまま堅調地合いを維持した。NY市場引けは1.1940/45レベル。

2017/09/21(木)
20:44 JST USD/YEN=112.54 EUR/USD=1.1892 NY金=$1292.80 NY原油先物=$50.19
欧州市場ドル・円は上げ一服。112.70近辺で上げ渋ったドル・円は利食いや値ごろ感からの売りに押されて112.25レベルへ反落したが、押し目でのドル買いにサポートされて反発。112円台半ば付近での取引きとなっている。ユーロ・ドルは1.1900近辺での値動き。1.1875/80レベルで下値を固めて1.19台を回復したが、1.1920レベルを越えられず再び1.1900を割り込んだ。

16:44 JST USD/YEN=112.57 EUR/USD=1.1893 NY金=$1294.84 NY原油先物=$50.62
ドル・円は堅調地合いが継続。日銀金融政策決定会合を終えて記者会見で、物価目標到達にはまだ時間が掛かるとの見解を示した黒田日銀総裁。日米の金融政策の方向性の違いが鮮明となる中、欧州勢と見られるドル買いにドル・円は東京市場の高値を抜いて112.71付近へ上げ幅を拡大した。ユーロ・ドルは1.18台後半を中心に膠着。概ね1.1875/1.1900ゾーンで方向感なくもみ合っている。

12:40 JST USD/YEN=112.43 EUR/USD=1.1887 NY金=$1299.79 NY原油先物=$50.70
東京市場ドル・円は112円台半ば付近での取引き。昨日のNY市場でドルが急騰した流れを引き継ぎドル・円は寄り付き後に112.64付近へ上昇した。急ピッチの円安に対する利食いや値ごろ感からのドル売りに上げ渋ったものの、ドル・円は112.40/45レベルでサポートされて堅調地合いを維持。午後になって日銀金融政策決定会合で日銀が金融政策の現状維持を決定したことが伝わるとドル・円は112.35/50ゾーンで売り買いが交錯したものの、すぐさま値動きは落ち着いた。ユーロ・ドルは1.18台後半で小動き。大方の取引きが1.1865/85ゾーンに集中した。

08:37 JST USD/YEN=112.46 EUR/USD=1.1877 NY金=$1300.11 NY原油先物=$50.71
NY市場ドル・円は112円台へ。FOMCを受けて年内の米利上げ観測が高まった。FOMCメンバーによる金利見通しでは過半数が年内、もう1回の利上げを見込んだ。市場の一部には利上げ見送り観測も出ていたことから声明発表直後にドル買いが殺到した。ドル・円は111円台前半から112.53まで急騰した。同水準でドル買い一巡となったが、ドル・円は押し目でのドル買いにサポートされて堅調に推移。112.15/20レベルでNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.2035をつける場面があったが、FOMC声明を受けて1.1861へ急落。戻りが鈍いまま1.1895付近でNY市場をクローズ。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
DMM FX