エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28692370
本日:239 昨日:2474
市場概況

2016/12/07(水)
21:12 JST USD/YEN=113.98 EUR/USD=1.0725 NY金=$1173.61 NY原油先物=$51.01
欧州市場ドル・円は上値を伸ばしきれず。東京市場午後のドル堅調地合いを引き継いで上値を窺う動きで始まったが、ドル・円は114.35近辺で伸び悩んだ。上値の重さが嫌われドル売りが優勢となりドル・円は113.90付近へ下落した。ユーロ・ドルは小動きが継続。ECB理事会を控えて模様眺めムードが強い。ユーロ・ドルは1.0710/30ゾーンを中心に小刻みな売り買いが交錯する展開となっている。

16:47 JST USD/YEN=114.31 EUR/USD=1.0717 NY金=$1168.02 NY原油先物=$50.70
東京市場午後のドル・円は下値しっかり。一時、114.00を割り込む場面があったが、押し目買いにサポートされてあっさりと114円台を回復。輸入筋を中心としたドル買いも加わった結果、ドル・円は114.40レベルへ反発した。ユーロ・ドルは1.07台前半で動意薄。午前同様、1.0715/20レベルを中心にその前後の狭い範囲でほぼ横ばい状態。

13:01 JST USD/YEN=114.05 EUR/USD=1.0721 NY金=$1169.23 NY原油先物=$
東京市場ドル・円は114円台前半で小動き。根強いドルの先高観を背景にドル・円は114.31をつけたが、新規材料を欠く中、上値を積極的に追う流れにはならなかった。ただ、下値は固くドル・円は114.00を割り込まなかった。ユーロ・ドルは1.07台前半で小動き。大方の取引きが1.0710/25ゾーンに集中した。

09:02 JST USD/YEN=114.06 EUR/USD=1.0720 NY金=$1169.05 NY原油先物=$50.92
NY市場ドル・円は114.00を挟んでもみ合い。大方の取引きが113.75/114.10ゾーンに集中した。NY株式市場の上昇にサポートされ根強いドルの先高観を背景に市場のドル買い意欲は依然として旺盛。しかし、114円台前半では急ピッチの円安に対する修正の動きや値ごろと見たドル売りが持ち込まれた。このため、売り買いがほぼ拮抗。方向感の見極めにくい相場展開となった。NY市場引けは113.95/114.00レベル。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.07台半ば付近で伸び悩み1.0698まで下落したが、ユーロ売りの流れは続かず。引けにかけて買い戻され1.0715/20レベルでNY市場の取引きを終えている。

2016/12/06(火)
21:20 JST USD/YEN=113.88 EUR/USD=1.0733 NY金=$1172.01 NY原油先物=$51.18
欧州市場ドル・円は114.00近辺でもみ合い。ドル・円は113.75付近でサポートされたあと114円台を回復したが、ドルの戻りを狙った売りに阻まれ114.18付近で伸び悩み113.87付近へ下落した。ユーロ・ドルは上値が重い。上値を窺う場面が見られたが、1.0780/85レベルで伸び悩み1.0730レベルへ下落した。

16:43 JST USD/YEN=113.95 EUR/USD=1.0757 NY金=$1171.37 NY原油先物=$51.39
東京市場午後のドル・円は下値しっかりの展開。ドル・円は113.55/60レベルでサポートされたあと根強いドルの先高観を背景に上値を目指な流れとなり114.15近辺まで買い進まれた。ただ、114円台前半では値ごろと見たドル売りが優勢でドル・円は113.80付近へ反落した。ユーロ・ドルは午前からの小動きが継続。大方の取引きが1.0735/60ゾーンに集中した。

12:57 JST USD/YEN=113.75 EUR/USD=1.0754 NY金=$1172.98 NY原油先物=$51.31
東京市場ドル・円は上値がやや重い展開。113.85付近で寄り付いたあとドル売りが先行。ドル・円は113円台半ばへ下落した。急ピッチの円安に対する修正の動きが優勢だった。しかし、市場の押し目買い意欲は強くドル・円はじりじりと反発。113.80レベルを回復した。ユーロ・ドルは1.07台半ば付近で小動き、動意薄。取引きレンジはほぼ1.0750/70ゾーンに限定された。

08:45 JST USD/YEN=113.94 EUR/USD=1.0754 NY金=$1170.00 NY原油先物=$51.02
NY市場ドル・円は114円台後半で失速。NY市場オープン後からドル買いが優勢となりドル・円は114円台前半を堅調に推移。11月ISM非製造業景況指数が市場予想を上回るとドル・円はこの日の高値114.77をつけた。しかし、上昇していた米長期金利が低下。高値圏では急速な円安に対する修正の動きも入ってドル・円は113.17へ急落した。ただ、市場の押し目買い意欲は強くドル・円は引けにかけて反発。113.80付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.07台で堅調に推移。イタリア国民投票という材料を消化して欧州株高を背景にユーロ買いが優勢。ユーロ・ドルはNY市場オープン後、1.06台後半から1.07台へ乗せたあとコンスタントなユーロ買いに支えられ1.0797まで上昇するば面があった。NY市場引けは1.0760/65レベル。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]