トライオートFX

テクニカル分析最新記事

為替レンジ予想に奮ってご参加を

2024/03/01(金) 10:36 JST
ドル・円は依然としてもみ合い状態が継続中だ。昨日、149.21まで下落して一時的に21日移動平均線を下回る場面があったが、終値ではまだ同移動平均線を下抜いていない。堅調地合いを崩す流れにはつながらなかった。ただ、目先の想定されるもみ合い圏下限は149.20レベルに絞られてきたようだ。当面、ドル・円は概ね149.20/150.90ゾーンからの離脱を模索することになろう。

もみ合い圏上限が破られた場合、ドル・円は151.90/95レベルを目指す。他方、下抜けた場合は89日移動平均線への下値余地に要注意だ。89日線に絡んでくるようだと相場水準が押し下げられ上値がかなり重くなると見られる。同移動平均線は目先、147円台半ば付近を推移すると見られる。


外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ


2024/02/29(木) 09:23 JST
ユーロ・ドルは方向感の見極めにくい展開が続いている。過去一週間、変動幅はほぼ100ポイント(=0.0100)。当然、一日の値幅も狭い。相場付きは3本の移動平均線に絡む、もみ合い模様だ。想定されるもみ合い圏はこれまでの見方通り概ね、1.0700/1.0930ゾーン。実際にはもっと狭まるかもしれない。同ゾーンからはみ出さない限り、ユーロ・ドルの方向感が出にくい。

想定されるもみ合い圏からはみ出した時の目先ターゲットは変わらず。上値に関しては心理的な壁となる1.1000レベル。下値についてはキリの良い節目となる1.0500レベルとなろう。


2024/02/27(火) 10:32 JST
ドル・円は狭いレンジ内で底堅い値動き。昨日は150.83まで上昇し最近の高値150.88に迫る場面があった。今朝の市場では午前10:30現在、150.55付近での値動きとなっている。

ドル・円は上値を伸ばすことに難儀している状況だが、基調としての流れは依然として堅調地合いが継続している。150.88突破後の続伸リスクは消滅しておらず、151.90/95レベルへの上値余地に油断できない。

他方、下値に関しての注目点は21日移動平均線の動向だ。今後、149円台前半を上昇してくると予想される。ドル・円がこれを下回れば相場の上昇力に陰りをもたらす。ただ、最近の値動き自体が穏やかであるため、流れに急激な変化を期待するのは難しいか。もみ合い色の濃い展開になると見られる。下値のポイントは149円台半ば付近にある89日移動平均線だ。同移動平均線は目先、147.45/50レベルで推移すると予想される。


2024/02/25(日) 22:38 JST
ユーロ・ドルは先週木曜日に一時、3本の移動平均線やチャンネル上辺が形成する抵抗帯を上抜く場面があったが、終値ベースではまだクリアに破っていない。ただ、3本の移動平均線に絡む挙動が見え始めたので相場模様はもみ合い色を醸し出している。もみ合い圏をつくるとすれば上限を1.0930レベル、下限を1.0700レベルとするゾーンか。ユーロ・ドルはこのゾーン内で売り買いが交錯させながら相場の方向を模索することになりそうだ。

ユーロ・ドルが想定されるもみ合い圏から上抜けた場合、心理的な壁となる1.10レベルが試される。下抜けた場合はチャンネル下辺までチャート上の引っ掛かりがないのでその下値余地に気をつけたい。


2024/02/22(木) 10:52 JST
ドル・円は150.00をつけて上げ一服のあと、150.00近辺で小幅もみ合いが続いている。基調としての流れは変わっておらず21日移動平均線を上回った状態で堅調地合いが維持されている。現状が続く限り、150.88突破を狙う動きがくすぶる。突破に成功すれば151.90/95レベルをターゲットに捉える。

下値に関しては引き続き21日線に注目。目先、148.90/149.00レベルを上昇すると予想される。ドル・円が同移動平均線を下回れば上値が重くなるものの、89日移動平均線より上にあれば下値しっかりの展開になろう。89日線ブレイクで200日移動平均線を試す動きに気をつけたい。200日線は目先、145.60/65レベルを上がってきそうだ。


過去記事のページへ


[ご注意]

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上、記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また、記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。相場においてはすべて各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の投資行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切、責を負わないことをご承知おき下さいますようお願いします。