トライオートFX

テクニカル分析最新記事

2021/06/13(日) 22:20 JST

6/146/156/16
サポートライン109.26109.31109.36

先週のドル・円は小幅なレンジながら底固い値動き。21日移動平均線サポートラインを意識したのか、両者に沿うようにして下値が揃った。もみ合い色を醸しながら微妙に堅調地合いも保っている。

今週も引き続き下値に関しては21日線とサポートラインに注目。同移動平均線は目先、109.35/40付近で推移すると予想される。両者が破られたとしても相場のもみ合い色は残ると見られるので108.35/60ゾーンが固くなりそうだ。

上値に関しては110.00レベルが第一の関門。ドル・円が110円台にしっかり乗せるのは簡単ではないと見られるが、第二の関門110.32が破られると111円水準トライに気をつけたい。


外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ


2021/06/11(金) 09:51 JST
ユーロ・ドルは21日移動平均線近辺で小幅な値動きが継続中。同移動平均線に絡みつく挙動が一段と顕著になっておりもみ合い相場の様相が濃い。相場の基調に変化はなく想定されるもみ合い圏はこれまで通り、概ね1.2100/1.2265ゾーンだろう。

ユーロ・ドルがもみ合い圏から抜け出たあとの想定リスクも変わらず。上値に関しては1.23台半ばへの上昇余地、下値は89日移動平均線への下落余地に要注意だ。89日線は目先、1.2035/40レベルで推移すると予想される。


2021/06/10(木) 09:45 JST
ドル・円は下値しっかりの展開。週初より21日移動平均線を試す動きが見られたが、同移動平均線に絡む場面があったものの、クリアに破ることができなかった。21日線のすぐ下にはサポートラインや日足雲の上限があって分厚いサポート帯を形成。破られたとしても108.35/60ゾーンのサポート帯が控えている。目先、21日線は109.35近辺で推移しそう。雲上限は108.93(木)、109.01(金)に位置する。

上値に関してはまず、109.65レベルがレジスタンス。昨日、ユーロ・ドルは同水準を越えられなかった(高値は109.66)。破られると110.00を試す流れになりそうだ。ただ、110円台前半はかなり重くなると見られるので目先、110円台乗せは難しいのではないか。


2021/06/09(水) 09:59 JST
ユーロ・ドルは先週金曜日に1.2104をつけたあとじりじりと買い戻される展開となり21日移動平均線に絡み付いてきた。もみ合い相場の様相が一段と濃くなりつつあるようだ。

想定されるもみ合い圏はざっと、1.2100/1.2265ゾーンか。ユーロ・ドルは5月17日以降、このゾーン内での取引きが続いている。当面、同ゾーンからの出口を模索する動きを見守ることになるが、もみ合い圏からはみ出したときのリスクはこれまで通りで変わらず。上値は1.23台半ばへの上昇余地、下値は89日移動平均線への下落余地に要注意となる。89日線は目先、1.2035付近で横ばい推移しそうだ。


過去記事のページへ


[ご注意]

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上、記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また、記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。相場においてはすべて各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の投資行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切、責を負わないことをご承知おき下さいますようお願いします。