トライオート

テクニカル分析最新記事

為替レンジ予想に奮ってご参加を

2017/10/20(金) 09:59 JST
ユーロ・ドルは一昨日、1.1730をつけて下げ止まり昨日は1.1858まで反発した。これでユーロ・ドルは再び21日移動平均線をまたぐ格好となりもみ合い色が深まりつつある。

もみ合い圏をつくるとすればその上限は左図に示した抵抗線、または1.1880か。抵抗線は本日、1.1878にあって一日約0.0007ずつ下がっていく。1.1880が破られると日足雲の上限(=1.1921)が試される。

下値は昨日の安値1.1730から89日移動平均線にかけてのゾーンが想定されるもみ合い圏の下限になりそう。89日線は本日、おそらく1.1710付近。来週水曜日には1.1730近辺へ上がってくると推測される。同ゾーンが破られると最近の安値1.1669を試す動きに注意したい。


ひまわり証券【エコトレFX】


2017/10/19(木) 10:03 JST
ドル・円は200日移動平均線にうまくサポートされて上昇に転じたあと昨日は113.05をつける場面があった。値動きのおとなしかった最近にしてはめずらしく強めの陽線を出現した。上値トライを期待させる動きが出始めたようだが、113円台は重そう。今朝の市場でも午前8時ごろに113.10レベルに接近したものの、上げ幅を拡大できず。10:10現在、ドル・円は112.90近辺での取引きとなっている。

上値のポイントは113.44(むしろ、113.50レベルか)に絞られるのだが、そこに至るまで113円台前半は簡単には通過できそうにない。しかし、113円台に目が慣れると突破の可能性が大きくなる。破られた場合、目指すターゲットは7月の高値水準、114円台半ばだ。

下値は112円台半ば付近をなだらかに上昇中の21日移動平均線に注目。同移動平均線がうまく相場を下支えれば上昇トレンドが形成されそう。逆にドル・円が21日線を下回るともみ合い色が深まる。このとき、もみ合い圏の下限になるであろう、200日移動平均線を試す動きに注意したい。


2017/10/18(水) 09:57 JST

10/1810/1910/20
抵抗線1.18931.18851.1878

ユーロ・ドルは1.1880をつけてから上値の重い流れが続き昨日は1.1736まで売られる場面があった。21日移動平均線を完全に跨いでおり相場のもみ合い色が濃くなってきた。

もみ合い圏をつくるとすればその上限は左図に示した抵抗線か。同抵抗線は現在、先週の高値1.1880にも近い水準を下降中だ。先週、ユーロ・ドルは三日連続して同水準付近で行く手を阻まれた。強いレジスタンスになると見られる。

もみ合い圏下限は昨日の安値1.1736付近、或いはこれが破られると89日移動平均線か。同移動平均線は本日時点で1.1694付近、金曜日には1.1706付近まで上がってくると推測される。強いサポートになると予想されるが、破られると最近の安値1.1669を試す動きに要注意だ。


2017/10/17(火) 09:37 JST
ドル・円は113.44をつけてから軟調地合いが続き先週金曜日は111.69、昨日は111.65まで売られた。200日移動平均線をザラ場でわずかに下回る場面があったが、結果的には同移動平均線がうまくサポートの役目を果たしたようだ。ドル・円は今朝の市場で午前9:35現在、112.25付近での取引きとなっている。

下値は引き続き200日線に注目。本日は111.77付近に位置、今週末には111.72あたりまで下がってくると推測される。200日線より下のサポートは89日移動平均線(111.25付近で横ばい気味)と日足雲の上限(110.91)200日線が破られたとしても下値余地は大きく見込みにくいだろう。

上値は112.60/70ゾーンが抵抗帯。これを抜けると113円台トライとなるが、過去の値動きを見る限り、113円台はかなり重い印象だ。113.44突破は簡単ではないと見たいが、破られると次のターゲットは114円台半ばだ。


過去記事のページへ


[ご注意]

ここに述べた見解はすべて当サイト管理者個人の意見です。言うまでもないことですが、相場という性格上、記述の正確性及び信用性を保証するものではありません。また、記事の主張内容は通告なく変更されることがあります。相場においてはすべて各自の責任で行動されるようお願いします。当サイトが提供する情報が読者の投資行動に影響を与えたとしても、その結果生じた不利益に対し当サイト管理者は一切、責を負わないことをご承知おき下さいますようお願いします。