エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
28962445
本日:1368 昨日:2633
市場概況

2017/03/30(木)
11:41 JST USD/YEN=111.31 EUR/USD=1.0745 NY金=$1249.14 NY原油先物=$49.46
東京市場ドル・円は特段のニュースがない中、111円台前半で小じっかり。昨日から緩んでいた米長期金利が上昇したことからドル買いがやや優勢となった。ドル・円は111.10付近から111.42付近へ上昇する場面があった。ユーロ・ドルは上値がやや重い。概ね1.0745/60レンジで下値を切り下げる流れとなっている。

08:53 JST USD/YEN=111.12 EUR/USD=1.0758 NY金=$1252.48 NY原油先物=$49.60
NY市場ドル・円は111.00近辺で落ち着いた値動き。NY市場オープン後、ドル・円は110.75/80レベルでサポートされてじりじりと下値を切り上げた。エバンス・シカゴ連銀総裁とローゼングレン・ボストン連銀総裁が講演で追加利上げの可能性に言及したことに市場がドル買いで反応する場面があった。しかし、上値を積極的に追う動きは見られずドル・円は111.16をつけて伸び悩んだ。NY市場引けは111.05付近。ユーロ・ドルはNY市場オープン前に1.0780付近から1.0740レベルへ急落した。先の理事会後のECB声明の文言修正で追加金融緩和が後退したとの思惑が市場に広がったことからECBは文言修正に慎重になっていると報道された。NY市場オープン後はユーロ売りの動きが一服。1.0745付近でサポートされて1.0773付近へ反発した。NY市場引けは1.0765レベル。

2017/03/29(水)
20:21 JST USD/YEN=110.92 EUR/USD=1.0790 NY金=$1252.81 NY原油先物=$48.58
欧州市場ドル・円は110円台へ下落。ドル・円は111.20付近で伸び悩んだあと米長期金利の低下を背景に弱含む展開。一時、110.92付近へ下落した。ユーロ・ドルは小幅もみ合い。1.0780/90ゾーンを中心にその前後の狭いレンジ内で方向感なくもみ合っている。

16:39 JST USD/YEN=111.05 EUR/USD=1.0786 NY金=$1250.76 NY原油先物=$48.74
東京市場午後のドル・円は午前同様、111円台前半で方向感を打ち出せず。上値を窺う動きが見られたものの、ドル・円は111.30付近で伸び悩んだ。ただ、下値は固く111.05付近でビッドしっかりの展開。米長期金利の上昇が一服しておりその分、ドル・円の上値がやや重くなっている。ユーロ・ドルは軟調推移。1.0820付近で頭打ちとなりじりじりと下値を切り下げた。欧州勢が市場に参入する頃には1.0778付近まで売られた。

12:38 JST USD/YEN=111.19 EUR/USD=1.0818 NY金=$1248.75 NY原油先物=$48.57
東京市場ドル・円は111円台前半で方向感の定まらない展開。ドル・円は寄り付き後、111.20/25レベルで伸び悩み下落したが、111.00/05レベルで底固く推移した。このあと111.31付近へ反発したものの、フォロー殿ドル買いが続かなかった。企業の年度末決算を控えて売り買いが交錯する展開となっている。ユーロ・ドルは1.08台前半で動意薄。1.0810/25ゾーンを中心とした取引きで模様眺めムードが広がっている。

08:45 JST USD/YEN=111.17 EUR/USD=1.0814 NY金=$1250.22 NY原油先物=$48.45
NY市場ドル・円は111円台を回復。NY市場オープン後、ドル・円は110円台前半でのもみ合いが続く中、この日の安値110.18をつけた。同水準では値ごろ感からのドル買いが優勢。米消費者信頼感指数の大幅上昇や住宅価格関連指数の上昇を受けてさらにドル買いが強まるとドル・円は111円台に乗せた。ドル・円は111.20をつけて上昇一服となったものの、111.00を割り込むことなく堅調に推移。111.15付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは一時、1.0800を割り込んだ。NY市場オープン後、1.0870付近で伸び悩んだあと下落に転じた。好調な米経済指標を受けて米長期金利が上昇、売り圧力を受けたユーロ・ドルは1.0799まで下落する場面があった。NY市場引けは1.0815付近。

2017/03/28(火)
20:31 JST USD/YEN=110.45 EUR/USD=1.0852 NY金=$1255.20 NY原油先物=$48.15
欧州市場ドル・円はじり安に推移。上値を窺う動きが見られたが、ドル・円は110.70/75レベルで上げ渋った。上値の重さが確認されるとドル売りが優勢となりドル・円は110.45付近へ下落した。ユーロ・ドルは小幅もみ合いながら水準をやや切り下げた。取引きの中心レンジは1.0845/65。

16:24 JST USD/YEN=110.60 EUR/USD=1.0862 NY金=$1253.54 NY原油先物=$47.99
東京市場午後のドル・円は上値を伸ばせず。日経平均株価の大幅上昇と米長期金利の上昇を材料にドル・円は110円台半ば付近で下値を固めたあと上値を追う流れとなったが、110.75レベルに届かなかった。欧州勢が市場に参入し始めると一転、ドル売りが強まりドル・円は110.53付近へ反落した。ユーロ・ドルは動意が鈍い。大方の取引きがほぼ1.0850/70ゾーンに集中。様子見ムードが強い。

12:57 JST USD/YEN=110.58 EUR/USD=1.0862 NY金=$1254.21 NY原油先物=$47.96
東京市場ドル・円は111円水準手前で失速。寄り付き後、日経平均株価の大幅上昇に連動する形でドル・円は110.83まで上昇した。しかし、積極的に上値を追うための新規材料がない中、上値は限定的だった。上値の重さが嫌気されるとドル売りが持ち込まれドル・円は110.53付近へ反落した。ユーロ・ドルはほとんど動かず。取引きはほぼ1.0855/65ゾーン内に収まった。

08:35 JST USD/YEN=110.82 EUR/USD=1.0859 NY金=$1252.86 NY原油先物=$47.86
NY市場ドル・円は110円台前半で底固い値動き。トランプ大統領がオバマケア代替法案を撤回。税制改革など今後の政策実現に悪影響を及ぼすとの懸念が広がる中、ドル・円はNY市場オープン後にこの日の安値110.11をつけた。しかし、その後はドルを買い戻す動きが優勢。114円台後半からほぼ一方的にドルが売られてきただけに突っ込み警戒や値ごろ感からのドル買いでドル・円は110.68へ反発。同水準付近でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルはユーロ買いが先行して一時、1.0906をつけたが、その後は売りに押される展開となり1.0806付近へ反落した。久し振りの1.09台ということで値ごろ感からの売りが優勢だった。NY市場引けは1.0860/65レベル。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]