エリオット波動、一目均衡表など為替相場のテクニカル分析に主眼を置いた情報サイトです。
29238265
本日:194 昨日:2383
市場概況

2017/07/27(木)
20:11 JST USD/YEN=111.29 EUR/USD=1.1712 NY金=$1263.50 NY原油先物=$48.84
欧州市場ドル・円は東京市場夕刻の流れを引き継ぎ111.43付近まで上げ幅を拡大。ユーロ・ドルはじり安。1.1733付近で伸び悩み1.1702付近へ下落する場面があった。

16:46 JST USD/YEN=111.17 EUR/USD=1.1718 NY金=$1261.87 NY原油先物=$48.80
東京市場午後のドル・円は小反発。午前の軟調地合いを引き継ぎドル・円は110.78付近へ下げ幅を拡大したが、その後はドルを買い戻す動きが優勢となった。昨日から低下していた米長期金利が下げ止まったことに加えて日経平均株価が一時、前日比126円高となったことを材料にドル・円は111円台を回復。欧州勢がドル買いで追随するとドル・円は111.27付近へ上昇した。ユーロ・ドルは1.17台後半で伸び悩み。一時、1.1777付近まで上昇する場面があったが、利食いや値ごろ感からの売りに押されて1.1715付近まで反落した。

12:37 JST USD/YEN=110.81 EUR/USD=1.1766 NY金=$1264.76 NY原油先物=$48.68
東京市場ドル・円は111.00を挟んで上値が重い。FOMC声明後にドルが売られた流れを引き継ぎドル・円は111.17付近で寄り付いたあと110.89付近へ下落した。同水準で一旦下げ止まったあと反発に転じたが、111.10に届かず。再び売り圧力が高まるとドル・円は110.85付近へ下落した。ユーロ・ドルは堅調地合いが継続。1.1720/25レベルで下値を固めたあと1.1768付近へ上昇した。

08:46 JST USD/YEN=111.19 EUR/USD=1.1729 NY金=$1259.99 NY原油先物=$48.69
NY市場ドル・円はFOMC声明を受けて下落。FOMC声明を結果を待つ間にドル・円は111.70付近からじりじりと上昇。一時、112.21をつける場面があった。しかし、FOMC声明発表後、111.07まで急落した。声明でFRBはバランスシートの縮小に関して「比較的早期」に手をつけるとの文言を使った。「早期」と端的な表現を避けたことから9月FOMC以降に行なう余地が残ったと市場は判断。声明はハト派的との解釈から米長期金利は低下、ドル売り圧力が高まった。ドル・円は111.07をつけて下げ止まったが、反発鈍くこの日の安値圏に低迷。111.15近辺でNY市場の取引きを終えている。ユーロ・ドルは1.17台を回復。FOMC声明発表前に1.1622をつけたが、FOMC声明後に1.1740へ急騰。堅調地合いを維持したまま、1.1735/40レベルでNY市場をクローズ。

・FOMC声明全文(ロイター)

2017/07/26(水)
20:41 JST USD/YEN=111.73 EUR/USD=1.1650 NY金=$1247.87 NY原油先物=$48.17
欧州市場ドル・円は111円台後半で上値がやや重い。FOMCの結果待ちで様子見ムードが強い中、ポジション調整と思われるドル売りが優勢。ドル・円は111.90付近で頭打ちとなり111.72付近へ下落した。ユーロ・ドルは1.1614付近でサポートされたあと反発。1.16台半ばを試す流れとなっている。

16:47 JST USD/YEN=111.84 EUR/USD=1.1635 NY金=$1245.57 NY原油先物=$48.50
東京市場午後のドル・円は様子見ムード。特に材料がない中、日経平均株価の細かな動きに連動するような"さざ波相場"。大方の取引きが111.80/112.00ゾーンに収まった。ユーロ・ドルは1.16台半ばで伸び悩み1.1621付近へ下落する場面があったが、フォローの売りが続かず。1.1645付近へ反発したあと1.1630/35レベルでの取引きとなっている。

12:27 JST USD/YEN=111.90 EUR/USD=1.1648 NY金=$1246.88 NY原油先物=$48.35
東京市場ドル・円は112円台前半で伸び悩み。昨日の流れを引き継ぎドルの強調地合いで始まったが、寄りつき後、ドル・円は112.08をつけて上げ渋った。同水準では値ごろと見たドル売りが優勢。昨日から上昇していた米長期金利が上げ止まって小幅下落したことを受けてドル・円は111.86付近へ反落した。ユーロ・ドルは小幅な値動き。1.1638付近でサポートされて1.1653付近へ上昇した。

08:42 JST USD/YEN=111.94 EUR/USD=1.1646 NY金=$1247.66 NY原油先物=$48.50
NY市場ドル・円は112.00レベルに接近。NY市場オープン後、ドル・円は111.30/35レベルで下値を固めた。7月米消費者信頼感指数が市場予想を大幅に上回ったことを受けてドル買いが優勢となった。米長期金利、NYダウが上昇したことも追い風となりドル・円は111.95まで買い進まれた。NY市場引けは111.90レベル。ユーロ・ドルはドイツIFO景況指数が過去最高数値を更新したことを材料に上昇。一時、1.1712をつけたが、米経済指標の好調や米長期金利の上昇を受けて反落、1.1643をつけこの日の安値圏でNY市場の取引きを終えている。

経済指標
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー
トレイダーズ証券[みんなのFX]